株式会社アルファシビルエンジニアリング:地下非開削推進工事のパイオニア  
line
掘進機・装置
TOPへ戻る 会社概要 工法技術 堀進機・装置 工法紹介ビデオ
line
リンク
お問い合せ
採用情報
 リサイクル装置  TRS:テールボイド拡幅再構築装置  小口径自動測量装置
 リサイクル装置

 

超流バランス式一次分離処理方式

【工法概要】

掘削された土砂は、掘進機のトロンメルまたはスクリーン分級機を通過し、貯泥槽から管内配管を通って坑内または坑外に設置された流体輸送変換装置にて坑外の一次分離処理装置に運ばれ分級されます。その後、普通残土、余剰泥水に分けられ処理場に搬送されます。 さらに本システムの場合、余剰泥水分を高濃度泥水材に一部再利用することで、産廃量の減量に努めております。

 

一次分離処理機

 

TOPへ戻る 

 

 TRS:テールボイド拡幅再構築装置 (長距離、急曲線施工用推進力低減装置)

 

一次分離処理機

 

[テールボイド保持装置]
当工法では、従来の管外周滑材注入装置の不均一性、不確実性を重視し、より一層安定したテールボイド拡幅再構築装置を開発し、特許取得(平成16年3月)いたしました。まさに、推進管に装着されたコピーカッター工法です。
今までの掘進機前面の孔壁保護システムに加え、推進管ジョイント部より排土板を出し入れさせ、地下水に希釈されず、地山に浸入しないテールボイド安定材を注入いたします。崩壊性砂礫玉石層や、透水性の高い土質において、テールボイドの安定を図るためには、たとえカッター前面の切羽圧力を保持させたとしても、均一な造壁性のある孔壁を長時間保持する事は管理上、困難でありました。従来の管外周滑材注入装置にしても、一度地山と置き換わったテールボイドは注入装置にて押し上げる事は不可能に近かったと考えます。
結果として、標準土質の管外周摩擦力と崩壊性砂礫玉石層の管外周摩擦力は3倍の違いがあった事は他工法でも確認されている事実であります。
当工法は管のジョイント部に設置された内部特殊油圧ジャッキにて排土板を押し出し、そのクリアランスを機械的に管外周に再構築し、特殊テールボイド材を注入するシステムです。一度締め付けた不均一なテールボイドは何らかの方法で拡幅する必要があったのです。いくら完璧な切羽安定理論を持ってしても地山の性状には勝てません。超長距離推進・超急曲線推進を確実に、また、安定して行うためにはこのシステムのように再構築が必要です。

 

 

 

 

 

 小口径自動測量装置

一次分離処理機

  1. 自動追尾測量システムの概要および特徴
    1. 自動追尾測量システムの概要
本測量システムは,主にφ600mm・φ700mmの小口径管の長距離,曲線推進の効率的な位置検知システムであり,以下のような構成となっている。
  1. メインコントロールユニット:立坑内に設置してステーションコントロールユニットを集積制御する。
  2. ステーションコントロールユニット:プリズムシャッターおよびトータルステーションに設置し,各々のトータルステーションを制御する。
  3. トータルステーション(自動追尾式):管内に設置し,1台で距離計とプリズムの双方の役割を果たす測量計測装置である。
  4. 自動整準台:管内のトータルステーションの設置台で±4度の傾きまで自動調整を行う。
  5. プリズムシャッター:掘進機のターゲット部に設置し,シャッターを装備することで誤視準を防ぐことが可能である。
  6. パソコン:坑外(坑内)に設置し,メインコントロールユニットから得た情報を専用のソフトウェアを介して図面上に表示する。
これらのシステムは省スペース化,ユニット化を図り,取り扱いが容易なシステムとなっており,また,パソコンに専用のソフトウェアをインストールすることで,トータルステーションの設置台数が増加した場合にも集中制御管理が可能となり,ワンタッチで計測できる。

 

 ISO9001/14001認証取得

 建設業許可

 建設コンサルタント登録

 測量業登録

(株)アルファシビルエンジニアリング 事業本部

 〒812-0015 福岡市博多区山王1丁目1番18号

 TEL(092)482-6311 FAX(092)482-6363

 E-mail: arfa@oregano.ocn.ne.jp

Flash
α CIVIL