株式会社アルファシビルエンジニアリング:地下非開削推進工事のパイオニア  
line
巨石・岩盤破砕型推進工法
TOPへ戻る 会社概要 工法技術 堀進機・装置 工法紹介ビデオ
line
リンク
お問い合せ
採用情報
 長距離・急曲線推進工法
 特殊線形推進工法
 巨石・岩盤破砕型推進工法  メカニカルブラインド工法
 〈短距離推進技術〉

 ▼ページ内のリンクへ移動します

 長距離推進工法  急曲線推進工法  複数曲線推進工法  特殊推進工法

 

 ▼ページ内のリンクへ移動します

 巨石・岩盤破砕型堀進工法

 ▼ページ内のリンクへ移動します

 メカニカルブラインド工法
 (低コスト・省スペース)

 地中接合推進工法(リターン回収推進工法) (貫入リング回転切削型接続工法)

 パイプルーフ工法
 (リターン回収掘進工法)
 ボックス推進工法
 (地下空間構築工法)

 ▼ページ内のリンクへ移動します

 リターン回収掘進工法
 (発進立坑への回収技術)
 貫入リング回転切削型接続工法
 (直接地中接合技術)

 ▼ページ内のリンクへ移動します。

 パイプルーフ施工技術
 (リターン回収掘進工法)

 

 ▼ページ内のリンクへ移動します。

 ボックス推進工法

 

 巨石・岩盤破砕型推進工法
工法概要

 

本工法は、泥濃式の取込方式の長所を生かしながら、破砕方式を兼ね備え、取込排土径以下の不要な破砕を行わないため、ビットの耐摩耗延長を従来の2倍以上とし、巨轢に対応しながら長距離推進を可能としました。
また、TRS(テールボイド拡幅再構築装置)の装着により掘削破砕片が推進管外周部に楔状に残留して推進力の上昇することを回避します。

 

工法の特徴

 

  • 管外の100%程度以下の巨轢、一軸圧縮強度150MPa程度の岩盤層に対応可能です。
  • 泥濃式の利点を生かし、大きな排土口を有しているため、取込径以下の破砕を行わないため、耐摩耗延長が増加し、長距離推進が可能です。
  • TRS装置(テールボイド拡幅再構築装置)の装着により、破砕片がテールボイドに残留して推力を上昇させることを防止でき、低推力が実現されます。
  • 曲線能力は、管径の30倍程度に対応可能です。
  • φ600mm〜φ1,650mmまで対応しております。

 


 巨石・岩盤破砕型堀進工法
岩盤破砕型推進
φ800mm L=570.84m (中間立坑無し) +256.93m
花崗閃緑岩(一軸圧縮強度56MPa〜159MPa)
4カーブ(1000R+1500R+100R+90R)+ 3カーブ(100R+90R+300R)
工事名 : 平成21年度 東広島市公共下水道事業 八本末4号汚水幹線建設工事

破砕型急曲線推進
φ800mm 推進延長 L=342.42m+235.07m 最大玉石径 810mm
2カーブ(300R+15R)+4カーブ(300R+200R+15R+50R)  
工事名 : 八王子市上壱分方町353番地先外下水道築造49(公8工区)工事

破砕型級曲線推進02

巨石・破砕型
長距離推進
φ1100mm 推進延長L=772.15m 最大玉石径 600mm
8カーブ(300R+500R+500R+500R+500R+75R+125R+110R)
盛岡市下水道部建設課  工事名 : 中川原処理区東地区外遮集管建設工事

 

破砕型長距離推進

破砕型
超急曲線推進
φ800mm  L=130.18m 玉石砂礫層 
4カーブ (12R+12R+70R+70R) ΣIA=188°
東京電力(株)  工事名:東武川越供給管路工事

透水性地盤推進
φ1500mm 推進延長 L=553.69m 透水係数=10−1cm/sec 
和歌山県那賀振興局建設部
工事名 : 紀の川中流流域下水道(那賀処理区)那賀幹線管渠(推進)工事

縦断曲線推進
φ800mm 急勾配=66.7%(バーチカル) L=106.00m
松本市下水道局
工事名 : 島内第1水源地〜城山配水池老朽送水管改良工事

 

急勾配推進
φ1000mm 急勾配=10% L=198.27m
帝国石油株式会社
工事名 : 帝石松本・甲府ライン建設工事 岡谷橋架付近推進工事

 

 

 ISO9001/14001認証取得

 建設業許可

 建設コンサルタント登録

 測量業登録

(株)アルファシビルエンジニアリング 事業本部

 〒812-0015 福岡市博多区山王1丁目1番18号

 TEL(092)482-6311 FAX(092)482-6363

 E-mail: arfa@oregano.ocn.ne.jp

Flash
α CIVIL