株式会社アルファシビルエンジニアリング:地下非開削推進工事のパイオニア  
line
泥濃式推進工法|超流バランスセミシールド工法
TOPへ戻る 会社概要 工法技術 堀進機・装置 工法紹介ビデオ
line
リンク
お問い合せ
採用情報
 長距離・急曲線推進工法
 特殊線形推進工法
 巨石・岩盤破砕型推進工法  メカニカルブラインド工法
 〈短距離推進技術〉

 ▼ページ内のリンクへ移動します

 長距離推進工法  急曲線推進工法  複数曲線推進工法  特殊推進工法

 

 ▼ページ内のリンクへ移動します

 巨石・岩盤破砕型堀進工法

 ▼ページ内のリンクへ移動します

 メカニカルブラインド工法
 (低コスト・省スペース)

 地中接合推進工法(リターン回収推進工法) (貫入リング回転切削型接続工法)

 パイプルーフ工法
 (リターン回収掘進工法)
 ボックス推進工法
 (地下空間構築工法)

 ▼ページ内のリンクへ移動します

 リターン回収掘進工法
 (発進立坑への回収技術)
 貫入リング回転切削型接続工法
 (直接地中接合技術)

 ▼ページ内のリンクへ移動します。

 パイプルーフ施工技術
 (リターン回収掘進工法)

 

 ▼ページ内のリンクへ移動します。

 ボックス推進工法

 

 泥濃式推進工法:超流バランスセミシールド工法
超流バランスセミシールド工法における切羽保持の考え方

 

 

超流バランス式切羽保持システムカッター室内全体に高比重、高粘性の流動体の連動壁を構築して掘進を行う工法のため、地山の緩みを最小限にし、切羽面の圧力保持が難しい土質においても切羽の安定に優れています。


テールボイド部には、掘進機外周部から直接、ワーカビリティの良い土粒子+高濃度泥水を充満加圧することにより管外周の摩擦を低減させ、さらに後続管部から注入された二液性固結型滑材がボイドを一層安定化させます。


切羽管理圧は地下水圧+20kPaを保持することが可能なため、地盤の緩み範囲が微少となります。

※高水圧条件の場合は、2〜3段設置することで対応可能となります(実績多数)

TOPへ戻る 

 

超流バランスセミシールド工法 システム図

 

産業廃棄物処理方式

 

 

 ISO9001/14001認証取得

 建設業許可

 建設コンサルタント登録

 測量業登録

(株)アルファシビルエンジニアリング 事業本部

 〒812-0015 福岡市博多区山王1丁目1番18号

 TEL(092)482-6311 FAX(092)482-6363

 E-mail: arfa@oregano.ocn.ne.jp

Flash
α CIVIL