株式会社アルファシビルエンジニアリング:地下非開削推進工事のパイオニア  
line
ボックス推進工法|アンダーパス工法|ボックスカルバート工法
TOPへ戻る 会社概要 工法技術 堀進機・装置 工法紹介ビデオ
line
リンク
お問い合せ
採用情報
 長距離・急曲線推進工法
 特殊線形推進工法
 巨石・岩盤破砕型推進工法  メカニカルブラインド工法
 〈短距離推進技術〉

 ▼ページ内のリンクへ移動します

 長距離推進工法  急曲線推進工法  複数曲線推進工法  特殊推進工法

 

 ▼ページ内のリンクへ移動します

 巨石・岩盤破砕型堀進工法

 ▼ページ内のリンクへ移動します

 メカニカルブラインド工法
 (低コスト・省スペース)

 地中接合推進工法(リターン回収推進工法) (貫入リング回転切削型接続工法)

 パイプルーフ工法
 (リターン回収掘進工法)
 ボックス推進工法
 (地下空間構築工法)

 ▼ページ内のリンクへ移動します

 リターン回収掘進工法
 (発進立坑への回収技術)
 貫入リング回転切削型接続工法
 (直接地中接合技術)

 ▼ページ内のリンクへ移動します。

 パイプルーフ施工技術
 (リターン回収掘進工法)

 

 ▼ページ内のリンクへ移動します。

 ボックス推進工法

 


 ボックス推進工法 [切羽同時掘削 密閉型堀進機]
    ● 特許取得済 異業種連携事業(経済産業省・国土交通省)
    ● NETIS登録済 ABC推進工法(密閉型ボックス推進機を使用したボックスカルバート推進工法)<登録No.QS-100019-A>
ボックス推進工法とは

 

本工法は、カッタ部を自転・公転方式とし、3軸の自転偏芯ビットとそれらを受け持つ公転ギヤにより矩形断面全体を一度に掘削する機構を可能としました。
そのため、従来工法による周辺環境への影響や施工費等の多くの問題を解決することが可能となり、切羽の安定や地盤の緩みに対して安全で迅速かつスムーズな掘進を可能と致しました。

(特許取得済、異業種新連携事業[経済産業省、国土交通省]、平成14年度 中小企業優秀新技術賞 優秀賞受賞)

 


ボックス推進工法の特徴

 

●低土被り推進が可能
●長距離・曲線推進が可能
●PC・RCボックス函体および角鋼管に対応可能
●密閉式のため切羽の安定性に優れ、地山の緩みを防止可能
●高トルク掘進機のため、多様な土質に適用可能
●工場製品のボックス函体を直接推進するため、迅速な施工が可能

 

ボックス推進工法の活用例

 

●開かずの踏切の解決策として、軌道下の人道通路の構築
●高速道路盛土区間の横断通路の構築
●必要流量を確保した下水函渠・雨水函渠の構築
●電力函路や通信函路の構築
●先受け大断面アンダーパス工事の構築

本工法の追求テーマ

ボックス特徴
ボックス推進工法 概念図(参考図)

 

ボックス特徴

 

大断面・長距離
・S字曲線施工例
工場製品のボッククカルバート函体を直接推進することで、
有効断面の確保と迅速な函路構築が可能です。

 

ボックス特徴

 

低土被り大口径雨水函路の施工例

 

ボックス特徴
既設地下重要構造物の水平土留壁の構築施工例(角型鋼製エレメント推進工法)

 

ボックス特徴

 

 



 ISO9001/14001認証取得

 建設業許可

 建設コンサルタント登録

 測量業登録

(株)アルファシビルエンジニアリング 事業本部

 〒812-0015 福岡市博多区山王1丁目1番18号

 TEL(092)482-6311 FAX(092)482-6363

 E-mail: arfa@oregano.ocn.ne.jp

Flash
α CIVIL